海外の貿易には通関や物流を使う

通関

check

通関とは輸入というされた貨物を税関に申告し、関税と消費税を収めて輸入許可を得るまでの一連の手続きの事です。
国内に輸入されているワインやブランド品は、必ず輸入許可を得た物が販売されています。

海外から商品を取り入れる輸入では、違法の貨物が混入されている事もあります。
また、輸入事態が禁止されている物が日本に持ち込まれる可能性もあるのです。

通関ではこういった事態を防ぐために、輸入される全ての物のをチェックを行っています。
そして、安全な貿易が行われるように監視をしているのです。

輸出入

通関の手続きは、輸入も輸出の時もほとんど変わりません。
しかし、輸入時に関税を納める点だけが違うのです。

輸入の場合は、外国から届いた貨物は保税地域と呼ばれる倉庫に運ばれます。
次に、税関で輸入品の内訳の申告書を提出するのです。
申告書には、輸入品の種類・品名・価格・数量が記載されます。
そして、同時に関税や消費税の申告がされるのです。
税関で輸入品のチェックが行われ、問題がなければ関税と消費税を納めれば輸入の許可が出ます。
そうする事により、輸入品を保税地域から日本各地に配送するのです。

外国に輸出をする場合は、まずは輸入と同じく保税地域の倉庫に運ばれます。
そして、税関に輸出品の内訳の申告をします。
税関のチェックが完了すると、輸出の許可が出されます。
そして、輸出品を保税地域から移動し運送用の船や飛行機に積み込むのです。

国家資格

貿易に関わる唯一の国家資格が、通関士です。
貿易は、通関士以外で公的に認められた資格はありません。
その為、商社や物流関係の会社では凄く重要な資格です。

通関業に携わる会社は、倉庫会社・運送会社・航空会社などです。
上記の会社は、各営業所に専任の通関士を1名以上置くことが法律で義務付けられています。