海外の貿易には通関や物流を使う

物的流通

track

生産者から消費者へ、物や情報を届ける流れを流通といいます。
この流通の中で、商品を保管したり移動させる業務の流れが物流です。

物流の方法は、細かく分類する事ができます。
トラック等の車を利用した輸送方法が、貨物自動車運送事業という名称です。
日本国内の物流方法は、一般的にこの方法で行われています。

また、鉄道を利用した輸送方法もあります。
その方法は、鉄道利用運送事業という名称です。

また、輸送方法は船を利用する事もできます。
船を使った輸送方法が、海上運送事業という名称です。
そして、輸入や輸出といった海外との貿易は、国際物流事業と呼ばれているのです。

五大機能

物流の機能は、輸送という物を運ぶ機能だけではありません。

物を運ぶには、車や鉄道に積み込むまでに倉庫などで保管をしなければなりません。
保管業務も、物的流通の機能に含まれているのです。

次に、輸送を開始する為には出庫作業を行います。
そして、その逆に物が到着をすれば倉庫に入庫作業を行います。
この入庫と出庫作業は、荷役と呼ばれています。
荷役も、物的流動の機能の一つです。

輸送をする物の中には、その物に適した大きさの容器に詰め替える事があります。
また、輸送する物に値札やラベルを貼る事もあるのです。
この作業は、流通加工といいます。

輸送をする物の中には、テレビや冷蔵庫といった電化製品もあります。
そして、衝撃を受けると壊れやすい物もあるのです。
そういった物を安全に輸送する事を目的とし、紙、ダンボール、発泡スチロールで商品を包む事を包装といいます。
包装をする事により、商品性を失わずに輸送をする事が出来るのです。

物流の機能には上記の輸送から梱包までが含まれており、全ての機能を称して五大機能と呼ばれています。

分類

ship

物的流通は、回収、製造、販売と分類されています。

「調達」とは、製造業の原材料や部品を工場に運びこむ為の事です。
そして、原材料や部品を使い完成品にする事を「製造」といいます。
完成した製品を、消費者に納入するまでの事が「販売」です。
また、不良品、廃棄物、リサイクル品等を引き取るのが「回収」です。

物流は、その段階や方法で名称が変わり分類されています。


remark!

アパレル物流のサポートをしてくれるのは『アパレル物流代行の業者ナビ』

ニュース

2013/10/15
売買を更新しました
2013/10/15
通関を更新しました
2014/04/01
輸入を更新しました